【ダビマス】シンザン:種牡馬紹介…

shinzan

 

シンザン

 

史上2頭目、戦後初のクラシック三冠馬
八大競走の勝利数から「五冠馬」と呼ばれる
その走りは「鉈の切れ味」と形容された

 

競走馬としての特徴
  • 現役時代の出走体重は456 – 472キログラム。中型からやや大型の馬体の持ち主であったが、体つきはずんぐりむっくりとし、松橋牧場の関係者や厩務員の中尾は揃って「平凡」という第一印象を抱いた
    前述のように武田も活躍するまでは素質を見抜けず、厩舎内でもそれほど期待はされていなかった
  • 気性は生来非常に落ち着いており、武田厩舎に入厩するために貨車で移送中にも暴れることはなく、添乗した人間の不手際で一晩中トランジスタラジオがかけられた状況下でも眠りを妨げられなかった
    また、デビュー後はじめて関東へ遠征したときにもまったく動揺を見せなかった
  • 前述のように調教では走らなかった。これについて武田はしばしば「シンザンはゼニのかかっていないときは走らん」とコメントした
    また大川慶次郎はこのことで調教の時計は実戦とはあまり関係がないのだと教えられたと述べている
  • 5歳の春に見習騎手を乗せたまま後ろ脚だけで立ち上がり、そのまま約50メートル歩行したことがある。通常、サラブレッドは後ろ2本の脚で立ち上がっても耐え切れずにすぐ降りてしまうため、シンザンの腰の力の強さを示す逸話となっている
  • レースではスタートの飛び出しが非常に強くスタートがうまいという特徴があり、多くのレースで逃げ馬を後方から見る形で先行し、計ったようにゴール前で交わすレース運びをした
    着差を大きく広げて勝ったことは少なく、レコード勝ちも一度もない
    大川慶次郎は、このことから「着差は決して馬の能力のバロメーターにはならない」ことを教えられたと述べている
    中尾は「ハナ差でも勝ちは勝ち」と考える栗田の騎乗スタイルがシンザンのレース振りに影響していたと述べている
  • ゴール板を過ぎるとすぐ止まる癖があった
    武田はこれを「りこうな馬でムダっ走りしないことを知っていた」と評した
  • シンザンが喫した4敗のうち3敗は平場オープン競走であった
    大川慶次郎はそのときの優勝馬は「お義理にもA級馬とはいえない」馬であり、そんな相手に負けたのはそれらのレースを「馬の仕上げをするのに一回の調教では取れない太めが、レースに使うと三回調教をしたくらいに解消する」と公言していた武田が「調教代わり」に使ったからだとし、「レースを調教代わりに使う
    ファンや評論家の立場からは腹が立ちます」と述べている
  • 武田は皐月賞のレースぶりを見て、自身が管理したクラシック二冠馬コダマと比較して「コダマはカミソリ、シンザンはナタの切れ味
    ただしシンザンのナタは髭も剃れるナタである」と評した
    これは武田のシンザンに関する発言としてもっとも有名なものとなった
  • 栗田勝はシンザンを「こちらの考えていることが以心伝心、電気のように伝わる
    こんなに乗りやすい馬はいない」と評した
  • 尾形藤吉はシンザンがレース前に首を長く伸ばし、首と背中のラインが地面と平行になる格好を「サラブレッドの見本」と評した
  • 大川慶次郎はスプリングステークス前の調教で初めてシンザンを見たが、背中がへこんで見える体型をひどく見劣ると感じ、さらに調教の走破タイムが悪かったこと、それまでのローテーション(2か月半の間に4回レースに出走していた)を「とてもクラシックを狙う馬の使い方ではない」と感じたことなどからシンザンを低く評価した
    大川はシンザンがスプリングステークスを優勝したあとも「この次は、きっとシンザンは何かに負けるだろう」という思いを抱き、それはシンザンがクラシック三冠を制したあとも変わらなかった
    そのため、大川は予想の際に「負かすとすれば、この馬だろう」という馬を探すのを常とし、シンザンを本命にすることは一度もなかった
    大川はのちに「シンザンにはその体型に勝る大きなものが内在していた
    間違っていたのは私がそれに気がつかなかったことの方」と述べている
  • シンザンの銅像を制作した彫刻家の三井高義はシンザンを「よさは第一に目がいいこと」「目を見て圧倒された」と評した



▼種牡馬不足の方必見




関連記事

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

インフォメーション

当サイトは
ドリコムの配信スマホアプリ、ダービースタリオンマスターズの攻略まとめ情報など、プレイヤーを助ける情報から、おもしろ情報ネタまで、幅広く発信するサイトです。
掲載画像や、掲載情報等に問題がある場合は、ご連絡ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ